FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

チラ裏。

カメラとかW-ZERO3とか愛車の「旧型」スイフトスポーツとか戯言とか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
シフトインジケーターと言うと永井電子機器が思いつくのですが、Webで説明を見る限りちと不満が。入力に回転数と速度(とリバース信号)しか拾っていないのです。後から手軽に追加、という事を考えるとコネクタから拾えるものしか取れないという制限はあるのでしょうけどね。

例えばシフトダウンを考えるとシフトを抜いてブリッピング(orダブクラ)した時は、速度と回転数の関係は成立しません。つまりクラッチが繋がっていないと成り立たないのです(半クラ時もずれますね)。これをどうするのでしょうか。ブリッピング等は長時間行うものでもないので更新タイミングを1~2秒毎とかにすれば見えない、とかなのかな。また、レヴ警告っぽいものも機能としてありますけど、プラマイ1速分しか分からないですよね。1速飛ばして4→2なんてやると「実際に繋いで回転数が出ないと」レヴるかどうか分からない。

どうも計算だけではこの辺に制限が出るかな、と。なら作っちゃえと思いました。スイスポのセンターコンソールを外すとシフトリンケージが見えます。2本あるのですが左がHパターンの左右、右が上下に対応して前後します。
060703-01.jpg

1速に入れる時はシフトノブを左にやると左のリンケージが動き、1速に入れると右のリンケージが動きます。

つまり、光学センサでもマイクロスイッチでも構いませんが動いたら反応するスイッチを4つ取り付けます。
060703-02.jpg

前に行ったら1と3、後ろに行ったら2と4、中立なら反応無しとします。

こうすると3、4が反応しない時はニュートラルと判断できますね。またこの方法だとシフトノブの位置だけで入れるシフトが判断できるので、速度を引っ張ってくればクラッチを繋ぐ前にレヴ警告を出す事が出来ます。クラッチスタートのスイッチから分岐して信号を拾えばクラッチのOFF/ONすら検出できます(クラッチに関しては位置調整は必要でしょうけど)。

入力は速度のパルスx1、1~4のスイッチで5ピン。出力はN、1~5、Rの7パターンなので3ピンあれば足りますね。小さいPICで制御できそうです。

去年くらいのオートメカニックに記事が有ったような気がして探したら、2005年5月号にATのリアルタイムインジケータとして載っていました。基本的な考え方は同じなので参考にしてちょっと回路を考えてみようかな、と思います。
スポンサーサイト
2006.07.03.Mon 20:07 | DIY | trackback(1) | comment(0)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
SEARCH
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。